スタッフ

スタッフ紹介

朝香 智仁

English

専任講師 朝香 智仁

Assistant Professor Tomohito ASAKA, Ph.D

E-mail: asaka.tomohito@nihon-u.ac.jp

- 経歴

1979年12月27日 静岡県に生まれる.
2007年3月25日 日本大学大学院生産工学研究科土木工学専攻博士後期課程 修了. 日本大学より博士(工学)を授与.
2007年4月~2008年3月 日本大学生産工学研究所ハイテク・リサーチ・センター 研究員.
2008年4月~2011年3月 日本大学生産工学部土木工学科 助手.
2011年4月~2015年3月 日本大学生産工学部土木工学科 助教.
2015年4月~ 日本大学生産工学部土木工学科 専任講師.

- 最近の研究

  • 1) 日本の海岸侵食と地盤変動との関係性(ALOS-2データ利用公募型共同研究,PI No.3099)
  • 2) 多時期ALOS-2/PALSAR-2を利用した法面の変位量推定(科研費・基盤研究(C),研究課題番号:18K04398)
  • 3) UAVレーザーを利用した数値地形モデルの作成に関する研究(生産工学部・UAV利活用リサーチ・グループ)

- 研究業績

以下のサイトをご覧ください。 http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/77/0007698/profile.html

- 所属学会および社会活動

土木学会,日本リモートセンシング学会,日本測量協会,IEEE Geoscience and Remote Sensing Society等の会員。2004年11月,土木学会第59回年次学術講演会優秀講演者賞を受賞。2015年6月,日本リモートセンシング学会論文奨励賞を受賞。2007年7月-2011年3月,JAXA/ALOSデータ利用公募型共同研究に研究代表者として従事,2009年12月-2011年3月,国土交通省/河川技術研究開発公募(河川技術分野)研究開発に研究担当者として従事,2012年4月-2013年3月,科研費/若手研究(B)の研究代表者として従事。2016年4月より,JAXA/ALOS-2データ利用公募型共同研究の研究代表者として従事している。また,2018年4月より,科研費/基盤研究(C)の研究代表者として従事している。
  • スタッフ
  • 教育について
  • 研究について
このページの先頭へ