single.php

ニュース

M2の鈴木君、福島君、M1の中澤君、古田君が日本リモートセンシング 学会平成30年度秋季学術講演会で発表しました。

土木工学専攻修士課程2年の鈴木君、福島君、M1の中澤君、古田君が、2018年11月27日-28日にサンポートホール高松で開催された日本リモートセンシング 学会平成30年度秋季学術講演会で発表しました。

鈴木君

タイトル: ひまわり8号による東京の熱環境の可視化 -夏季における衛星画像とAMeDASデータの比較-

福島君

タイトル:糸魚川大火被災地の復旧に伴う都市化指標の変化

中澤君

タイトル:MODISによるアルベドを用いた諏訪湖の湖面状態の分類

古田君

タイトル:UAV搭載型レーザスキャナの観測精度に関する研究

  • スタッフ
  • 教育について
  • 研究について
このページの先頭へ